活動の記録

2015.04.30

COMIN’ KOBE 15′ に出展しました!

s_MG_9380.jpg

4月29日(水・祝)、神戸のポートアイランドで開催された、関西でも大規模なチャリティーフェスCOMIN'KOBE 15'に「シンサイミライノハナ」を咲かせました。
このチャリティーフェスは、震災からの復興への想いや、神戸から世界への恩返しの想いで開催しているイベントです。その中でも「減災ヴィレッジ」という震災について考えるコーナーに出展。今年はブースが代わり、例年とは違った形での開催。ひとぼうステージを中心に、コトハナのサポートスタッフと一緒にハナを咲かせました。

s_MG_9375.jpg

親子連れの方や、「毎年書きに来てます!」という方など様々な方がいらっしゃいました。中には、「2日前に放送されたNHKの番組を見ました!」という方や、「今年東遊園地公園で咲かせているのを見ました!」という方も来て下さりました。

s_MG_9396.jpg

s_MG_9397.jpg

ひとぼうステージの企画の、COMIN' KOBEのライブに出場するアーティストが震災をテーマにトークをする場では、ファンの人たちが殺到。そしてさすが、トーク慣れしたアーティストさんたちは来場者を引き込みながら、震災の想いを伝えていました。

s_MG_9389.jpg

このトークの中で、減災ヴィレッジに出展している団体がアーティストと対談するコーナーが設けられました。コトハナは、「夜のホンキダンス」の米田貴紀さん、「ドラマチックアラスカ」のヒジタカナオトさん、「フレデリック」の三原健司さんの3名とお話させていただきました。

s_MG_9386.jpg

なかでも三原さんは阪神・淡路大震災当時、自宅が半壊して、しばらくは家族全員でワゴン車の中で過ごしていた経験があるそうです。実際にお話していると、それぞれの方のいろいろな想いが伝わってきます。トークの後は、アーティストのみなさんがシンサイミライノハナのメッセージを書いて下さりました。

s_MG_9388.jpg

「震災から何年が経っても、当時の経験や想いを忘れてはいけないんだ。」と、イベントの最後には、イベントに出展したアーティストや減災ヴィレッジの団体、COMIN'KOBEの実行委員会が一体になって「幸せ運べるように」を歌いました。

s_MG_9399.jpg


今回メッセージを書いて下さった来場者の方々、アーティストのみなさん、そして今年もお声がけしていただいた実行委員の方々、本当にありがとうございました!
いろいろなジャンルで活躍する人が集まり、同じ想いで活動するCOMIN'KOBE。若い震災を経験していない人にも震災を伝えるという趣旨は、シンサイミライノハナPROJECTの想いと同じです。来年も無事開催できることを願っています。



NPO法人Co.to.hana|http://cotohana.jp
2015.04.30 13:28
2015.04.14

津波・高潮ステーションでシンサイミライノハナPROJECT

今回、通年でシンサイミライノハナのメッセージ募集の協力をしていただいている、「津波・高潮ステーション」をご紹介します。

s_CIMG0058.jpg

津波・高潮ステーションは、大阪市が運営する、津波・高潮災害を中心とした、自然災害に関する啓発拠点です。
(津波・高潮ステーションとは:http://www.pref.osaka.lg.jp/nishiosaka/tsunami/tsuna-about.html
かつて大阪を襲った高潮の資料をはじめ、将来大阪を襲うと言われている東南海・南海地震を見据えた展示から、防災の啓発を行なっている施設です。

この施設では、通年を通してシンサイミライノハナの展示やメッセージ募集をしていただいています。施設に来場された方に、この施設を通して感じたことや、震災に対する想いなどをアウトプットしていただいています。

s_CIMG0056.jpg

津波・高潮ステーションに来場された際は、ぜひシンサイミライノハナを通して、感じたことを書き出してください。

s_CIMG0069.jpg



-------------------

【サポートスタッフ募集のお知らせ】
4月29日に実施する「COMIN'KOBE '15」に、シンサイミライノハナを出展します。
当日のお手伝いをしていただけるサポートスタッフを募集しています。
詳細はこちらのブログをご覧下さい。
[コトハナブログ]

-------------------



シンサイミライノハナPROJECT|http://shinsaimirai.jp/
2015.04.14 22:38 / info
2015.03.28

イザ!カエルキャラバン!in百合学院が開催されました。

3月22日に、兵庫県尼崎市にある百合学院高等学校で、「イザ!カエルキャラバン!in百合学院」が開催されました。

IMG_4432.JPG

「イザ!カエルキャラバン!」とは、社会の課題をアートの発想で解決に導くNPO法人プラス・アーツと、美術家・藤浩志が共同で開発した、家族連れでにぎわう新しいカタチの防災訓練プログラムです。こちらのノウハウをお伝えし、いろいろなところで開催していただくプログラムです。
[ イザ!カエルキャラバン!HP ]

今年も「イザ!カエルキャラバン!in百合学院」のプログラムの1つとして、シンサイミライノハナPROJECTを実施していただきました!

IMG_4392.JPG

当日は近隣の幼稚園や小学校、中学校の教員、百合学院の生徒さん、さらに企業や行政、団体の方々など、総勢200名を超えるスタッフで運営されました。さらに当日は天候にも恵まれ、約1000名ものお客様がいらっしゃったそうです。

シンサイミライノハナは、会場のいろんなところに飾っていただきました。また、百合学院の学生さんたちに趣旨を説明していただき、たくさんの子どもたちが震災について考えてる機会となったようです。

IMG_4390.JPG

子どもたちが震災について考える機会になったということもですが、学生が子どもたちへ震災を伝える機会があるのは、とても意義のあることだと思います。

ぜひ、来年もご一緒にできたらと思っています。


百合学院さんのホームページでも、当日の様子が紹介されています。
こちらもぜひご覧下さい。
[ 百合学院高等学校HP]


シンサイミライノハナは、こうして学校教育の場にも取り入れていただいています。ご関心のある方は、NPO法人Co.to.hanaまでご連絡ください。
[ NPO法人Co.to.hana ]



NPO法人Co.to.hana|http://cotohana.jp/ 

シンサイミライノハナPROJECT|http://shinsaimirai.jp/
2015.03.28 12:03
1 2 3 4 5 6 7 9

TOP