【小中学校の総合学習での活用事例】

和歌山県高雄中学校での防災授業

地域の災害の危険性や必要な対策を学び、花を咲かせ共有する。

防災の専門家や、語り部さんによる防災の特別授業や、フィールドワークやまちの人へのヒアリングを通して 、自分が暮らす地域に必要な防災について学びます。授業で学んだことや感じたことを、花びらのメッセージカードに書き、花びらにして咲かせて共有することで、改めて学んだことを振り返る機会にもなり、仲間や他の人にも防災の必要を伝えることもできます。

LINK |http://www.nhk.or.jp/sonae/mirai/program_sp02/index.html